スポンサーサイト好みの画風

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-06 / 水彩画の事 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-09

水彩画を描くにあたって専門的に習った事はありませんが,好きな画風の水彩画を描かれる画家さんが何人かおられます。

その一人が野村重在(のむら・しげあり)さん

ちょうどこの4月~6月の間,NHKの”趣味悠々”「水彩画で描くにっぽん絶景スケッチ紀行」という番組で講師で出演しておられます。

3年前に,同番組で講師をされていた時に初めて野村さんの水彩画を観たのですが,その画風というか,作画タッチに魅せられてファンになりました。
興味のある方はご覧になられた方も多いと思います。

毎週月曜日の昼12:00~と,同じく夜22:00~,再放送とあわせて2回放送されているのですが,ついつい見逃してしまうので,テキスト本を購入しました。

syumiyuuyuu1.jpg
タイトルどおり,日本の絶景ポイントを何点かピックアップして,旅情を盛り込んだスケッチ画を描くテクニック?を紹介してあります。

たまたま私が番組を観た時は広島市の”原爆ドーム”がモチーフでした。
隣県の馴染みのある場所ですし,実際現地に行って描いてみたい題材ですが,今回はテキスト本を参考に模写してみました。


ペン画に透明水彩で彩色したもの

gennbakudoom1.jpg
コットマンF3
ピグマペン0.1~0.8mm
W&N
クサカベグラフィックス


鉛筆の下書きに透明水彩で彩色したもの
”ぼかし”や”たらしこみ”の技法を多用しています。

gennbakudoom2.jpg
コットマンF3
ステッドラーH~2B
W&N
クサカベグラフィックス


同じく鉛筆の下書きに透明水彩で彩色したもの
題材の周りの景色を省略し,余白を多く残しています。

gennbakudoom3.jpg
コットマンF3
ステッドラーH~2B
W&N
クサカベグラフィックス


さて,どのタッチが好みですか??


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/98-e2e3e26d

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
小さな水車小屋
old >>
スケッチポタリング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。