スポンサーサイトケーキフォーク

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2015-11 / 木工もどき > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-21


「ケーキフォーク」・・・と呼ぶのかどうかは判りませんが、「お茶菓子を摘むちょっとしたフォークを作れ!」

と指令が出ました。

ちょうど額縁に使ったブナの端材の端材?があるのでそれを削ります。



DSC_0096.jpg


大まかにデザインして、あとは成り行きに任せます。(笑)

でも木取りの時点で一点だけ注意せねばならぬことが・・・

以前もスプーンやフォークで失敗したのですが、受部(フォークなら突き刺す部分)と柄の角度。

念力をかけたわけでもないのに、何故か微妙に角度が反ってしまい(そう“ユリ・ゲラー”のスプーンの曲がりの緩い感じ・・・古っ!)

実際に使った時に獲物?がポロリと落ちてしまうことがありました。

角度でいえばほんの数度でしょうが、このわずかな差がとても「使い勝手」を悪くしたのでした。

意識的に少し内側を向くくらいの感じで墨付けて木取りをしました。


DSC_0098.jpg


徐々に柄の部分を細くしたり、全体のフォルムをペーパーで整形していきます。


DSC_0101.jpg


ブナはわりと粘りがある材なのか、少しくらい細く仕上げても折れる感じがしません。

最後に蜜蝋と胡桃を砕いて摺りこんだ天然の胡桃油で仕上げました。


DSC_0100.jpg


さて、使い勝手はどんなもんでしょうか。




まだ随分先の事のようですが

「X’マスケーキを注文しておきなさい!」と、次の指令が出たので、どうやらデビューはその時になりそうです。


はぁ...今年ももう残すとこ1カ月あまりなんですなぁ。。








Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/460-7cd9ccc4

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
晩秋散策
old >>
銘木端材の利用法
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。