スポンサーサイト18.手洗い場を造る

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-09 / ミニチュア > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-21


今回の木造教室の模型は、文字通り「木材」を主として組立を進めてきましたが、当然木材以外の部分も

多数あります。


全部忠実には無理としても、なるべく再現したいと思っています。


その手始め?に「手洗い場」を造ってみました。

DSC_0409_convert_20120920094907.jpg

今の学校の手洗いは「ステンレス製」がほとんどだそうです。

もちろん今でも「モザイクタイル」を貼り付けたものや、「コンクリート製」もあるのでしょうが

ボクの記憶では、セメント色の「モルタル製」が当時の木造校舎では定番だったように思います。



シンプルなモルタル製手荒い場を造ります。

まず、ベースとなる心材に「バルサ材」で形を造り、モデリングペーストで肉付けして乾燥させます。


よく乾燥したら、180#~400#くらいまでペーパーで仕上げていき、下地は完成です。


DSC_0410_convert_20120920095010.jpg

仕上げの色塗りの前にサーフェィサーを塗布しておきます。

今回は「モルタル」の表現をしたいので、下地のグレー色のサーフェィサーだけでも、かなりそれっぽく

なりました。

DSC_0411_convert_20120920095041.jpg



「手洗い場」主役の「蛇口」の造形ですが、どうやって造ろうか...悩みました。。


エポキシパテや粘土、番線等々、色々試した末、真鍮製の「L型ヒートン」のネジ部を切断し、パテと木材

で部分加工する事で落ち着きました。


手でつまんで塗装した事で、所々色ムラが出たのが、かえってレトロ感が出ていませんか?(笑)

DSC_0412_convert_20120920095123.jpg


番線とパテで造形した背面の配管も露出させています。

(実際には、手洗い場は廊下の壁にくっついているので、配管は隠れて見えませんが)


昔は“塩ビ管”ではなく、ほとんどがこういった金属の水道管でしたね~。

DSC_0413_convert_20120920095202.jpg


いちおう、これで「手洗い場」の完成!~

・・・でもよかったのですが、少し“遊び心”を加えてみます♪

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


あはは。。少しやりすぎでしたかね。。(笑)

DSC_0414_convert_20120920095234.jpg


後ろの配管も。

DSC_0415_convert_20120920095301.jpg

ここまでくれば修理が必要ですね。。(笑)


備え付けのアルマイト製のコップで飲んだ水が、少し錆臭かったのを思い出しました。。


Comment

コロン : 2012-09-22(Sat) 10:10 URL edit
yasuhiroroさん

今日も楽しませていただいています☆彡
凄いですね^^
ここまでされると・・
後は せっけん ですね?( ^ー^ *
なんて(笑
yasuhiroro : 2012-09-22(Sat) 17:52 URL edit
コロンさん
こんにちは♪

そうですね~石鹸もネットに入ってぶら下がってましたね!
みかんの赤ネットをミニチュアで造るとしたら何がいいでしょうか...
この前、掃除用具入れに入れる雑巾を手縫いで造ろうとしましたが、挫折しました。。(笑)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/444-2e3efbd3

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
19.小物を造る
old >>
17.壁の建込と床を貼る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。