スポンサーサイト13.窓と壁を造る(2)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-09 / ミニチュア > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-13


外部側の壁の上下に大小の引違窓を取付けるため、枠と壁を組み立てます。


この部分は、云わばこの教室模型のキモでもあり、少しの誤差でも軋んで窓の開け閉めが出来なくなる...

特に精度が出来栄えを左右する重要な部分ですので、スコヤやハタガネを使って念入りに微調整を繰り返します。

DSC_0315_convert_20120912141730.gif


DSC_0320_convert_20120912141647.gif


柱と柱の間には、溝を彫りこんで一般部の壁となる5.5mmのシナベニヤを挟んでいるので一旦接着してしまえば

がっちり固定されます。

きちんと精度よく調整が済んで固定したら、腰壁の貼り付けに入ります。

DSC_0327_convert_20120912141837.gif

これもランディングネットのフレーム材の残り。

柱や鴨居などの部材がナラで、腰板はチークでしょうか?よく判りませんが、濃いめの色合いが、程よいアクセント

になっているように思えます。。

DSC_0334_convert_20120912141946.gif


同じように廊下側の壁を組立て、窓と引き戸をはめてみました。

DSC_0309_convert_20120913095827.gif

なんとか教室の長手方向(4間半)の壁の出来上がりです。


続いて前後の壁の製作に入ります。

こちらの壁には窓や扉はありませんが、製作済みの黒板やロッカーなどの家具との取り合いもあり、

だんだんと「教室」らしくなっていくのではないでしょうか。。







Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/439-8be20be1

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
14.教室前後の壁を造る(1)
old >>
12.窓と壁を造る(1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。