スポンサーサイト6.ロッカーと掃除用具入の製作(1)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-09 / ミニチュア > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-05


前々回の「先生用の机」をご覧になった方から「引出しや、他の細部が見たい...」とご要望がありました。

何枚か完成写真を載せておきます。

出席簿もリアルに再現していますよ。(笑)

DSC_0406_convert_20120905093036.jpg

DSC_0407_convert_20120905093110.jpg

先生の椅子はこんな感じでちょっと品がありましたよね♪

DSC_0408_convert_20120905093144.jpg

もし「もうちょっとここが見たい!」など要望がありましたら、コメント欄にでも連絡下さい。

出来る限り接近して追加画像を載せますので。。




さて。備品家具関連の製作を進めます。

材種はよく判りませんが、綺麗な薄板の端材が出てきたので使ってみる事に...


以前、「名刺入れ」を作った時の残りなのでたぶんチークかマホガニーかと。。

実際の昔の教室家具には、まず使われていない材種ですが、少し濃いめの木肌の表情は、何故か

レトロ感があってこの教室に似合いそうです。


この素材で生徒が鞄や体操服を入れておく備え付けのロッカーと掃除用具入れの製作に取り掛かりました。

DSC_0264_convert_20120904101719.gif

例によって手作業による継手加工。

材も堅いので難儀です。。



この教室模型の設定は前にも記したように「分校で1クラス12人」。

生徒の数が減った時は問題ないのですが、増えた時、机と椅子は他の教室、あるいは備品庫?

から調達すれば間に合っても、作り付けのロッカーはそう簡単には増やせません。

(まぁ、空想の世界ですからそこまでこだわらなくてもいいんですけどね。。笑)



てな具合で、設定より少し多めの仕切りで作ります。

(といっても教室全体のスペースが狭いので2段×8人分=16人分ですが。。)

DSC_0265_convert_20120904102607.gif

黒いベルトは「画の額縁」を作る際に活躍してくれる「ベルトクランプ」という締め付け器具です。

こういった小さな家具から、今後組み立てていく教室の壁など、四角いハコモノには“持って来い!”

の道具です。

DSC_0266_convert_20120904102643.gif


後は上下を仕切る中板を入れ、裏板と幅木を付ければロッカーは完成です。

次は「掃除用具入れ」につづきます。。




Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/432-b4b50c02

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
7.ロッカーと掃除用具入の製作(2)
old >>
5.書戸棚を造る
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。