スポンサーサイト5.書戸棚を造る

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-09 / ミニチュア > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-04

昨日のお昼のNHK、お昼休みでご覧になられた方も多いかと思いますが、宮城のレトロな学校跡からの

中継をしていましたね。

とてもタイムリーでしたので、リポーターの喋りよりも、チラチラ映る教室の内部や机に食入いるように

観ていました。(笑)

不明だった二人がけの生徒用の机の開閉方式、しっかり映っていました!

この学校は分割方式でしたね。


ネットでも調べてみたら、年代や製作者(メーカー?)によって1枚全体開閉方式や、この学校のように

分割方式、脚元の構造の種類も何種類かあるようですので、模型の方もこのまま先へ進みます。



さて。備品家具関係の製作が続きます...


教室前面、先生の机の後ろにどっしりと座っていた書庫戸棚の製作です。

材料は、先生の机と同じく桜の薄板を使います。


DSC_0254_convert_20120903095632.gif


一応クランプで締め付けて接着していますが、継箇所には溝加工をしているので仮組みでも自立しています。

溝掘り専用の工具があれば精度もよくて手間も掛らないんでしょうが、そんなモノはありませんので

全て手作業です。

DSC_0255_convert_20120903095726.gif


デティール的にうろ覚えなので、組み立ててみたら昔の台所にあった“水屋”みたいになりました。(笑)

一番下はブナの鏡板を貼った開き戸にしています。

何が入るんでしょうかね~。。

DSC_0256_convert_20120903095525.gif


実際の作業は家具の製作と並行して、教室の外骨となる壁や建具、そして外壁にも手を付けています。

部品先行で進めると、後から所定の位置に収まらなかったり辻褄が合わなくなる事があるからです。


細かなレイアウトと図面を引いて作っていけば問題ないのでしょうが、ボクの性格同様、行き当たりばったり...(汗)


記事の方は、もう少し備品家具類製作エントリが続きますので、飽きないでついて来て下さい。。(笑)






Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/431-3c0c17c1

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
6.ロッカーと掃除用具入の製作(1)
old >>
4.教師用机と教壇
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。