スポンサーサイト志都の岩屋

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2010-10 / 水彩画の事 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-11

鏡岩
4826.jpg
ラングトンF6
W&N



志都の岩屋神社の鏡岩を近くで描きました。

画ではうまく伝わりませんが傍に行くと圧倒されます。

このような大きな岩がここから20分ほどの工程で登れる頂上の弥山までの間にゴロゴロしているのです。


不思議なのはその巨岩が“丸み”を帯びている事。

人的に手を加えられたとは考えにくく,また水の流れで浸食されたにしては山の上にある。。

はるか昔の造山活動で河が隆起したのか??

いずれにしても,人間が文明を持つずっと以前からこの場所に佇んでいた事にはかわりはないわけで

古くから人々の信仰の対象として崇められていた事が頷けます。




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/298-8576e5f2

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
ダイニングセットその後
old >>
パワースポット?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。