スポンサーサイト尾長グレ

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-10 / 水彩画の事 > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-25


尾長グレ
尾長グレ
マルマン F0
uni B
ホルベインガッシュ




鮮魚店にも滅多に並ばないので,一般的には馴染みの薄い魚ですが,こと“磯釣り師”にとってはもっともポピュラーなターゲットの釣魚のひとつ“尾長グレ”(おながぐれ)です。

このさかな,時期によっては“磯臭さ”があったり“旨味”に欠けるので,食材としては嫌う方もおられますが,ボクはとても旨い魚だと思います。


さて,この尾長グレ...

磯釣りで狙った事のある方ならご存知でしょうが,大型になるとなかなか簡単に釣らせてくれません。。
(もちろん,どんな魚も大型になると,それまで生きてきた彼らのプライドや,生き抜く術がそうさせるように,釣りにくくなるのは同じなのですが。)

普通,仕掛けの餌(釣針)に掛かった魚は,逃げようとして暴れます。

引き寄せて来る間にラインが切られたり,針から外れたりして,運よく(彼らから見れば)逃げ延びる事も多々あります。

でも画のように,玉網を差し出す位置まで寄せた時には,大抵力尽きて観念してしまうのですが,この“尾長グレ”はここからがひと勝負もふた勝負もあるのです。

どこにそんな力が残っているかの如く,最後の抵抗を繰り返し,あと少しのところでハリスをぶちきって逃げていく事は日常茶飯事。。

逆にそれが磯釣りでの“尾長グレ釣り”の魅力になっているのかもしれません。


これから冬にかけて水温が下がると,海の中の魚達も活性が出ると同時に,磯釣りシーズンも最盛期を迎えます。

ちょっとだけ気になります。。(笑)







にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

多々良堂主 : 2009-10-25(Sun) 18:31 URL edit
はじめまして、こんにちは。
貴殿のブログを拝見させて頂きました。
まさに、シンプルイズベストの見本のような、
とても綺麗なブログですね。
よろしければ、私のブログにも遊びにきてやって下さい。
私は、絵画・刀剣などを書いています。

とても勉強になりました。
ありがとうございました。

失礼します。
yasuhiroro : 2009-10-26(Mon) 10:24 URL edit
はじめまして。
ご覧頂きありがとうございます。

ブログ拝見いたしました。
刀剣..ボクにはちょっと難しかったです。。
勉強します。。
ぴぐにゃん : 2009-10-27(Tue) 00:26 URL edit
へ~尾長グレというお魚ですかぁ
私はお魚大好きなので食べてみたいです
白身の魚でしょうか?
こんな大きなお魚釣るの楽しそうですね!
釣る餌さえ虫でなければ(笑)
やってみたいです^▽^
けれど、どんくんは魚嫌いなので
その夢は叶わなさそうです
きっと海で牛が泳いでいたら釣るんだろうなぁ(笑)

何でもいいって言うの難しいですねっお店の絵素敵です!
色紙ってそんなに吸うのですね~知らなかった!

私も日記帳ほとんど白紙です(笑
だけど今の描く絵も、日記を絵で描いてたのが始まりなのですよ~ 
また続けなきゃなぁと思います

私もランドセルを忘れていく子供でした(笑)
やけに背中が軽いと思ったらカバンがないんですよね 共感です♪

カエルシリーズ可愛いです^ω^
応援☆
yasuhiroro : 2009-10-27(Tue) 11:08 URL edit
こんにちは♪
おさかな大好きですか?ボクも釣るのも食べるのも大好きです!
この魚はホントいけますよ♪白身の,お刺身でも煮ても焼いても美味しいです。

ははは。。どんくんは「肉食男子」ですか~
でも海で牛が泳いでいたら,マツカタさんもびっくりですね!(笑)

ぴぐにゃんさんの絵のルーツは絵日記だったのですね♪
いつもホンワリ柔らかな“ほのぼの感”も,そこらあたりに原点がありそうですね!
きっとランドセルは忘れても,絵の道具だけは忘れない小学生だったんでしょう。。(笑)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/197-dd3aeba5

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
「道の駅」のある風景
old >>
色紙に絵を描く
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。