スポンサーサイト土壁のある家の風景

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-09 / 水彩画の事 > This Entry [com : 6][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-06

土壁のある家
210904+(1).jpg
コットマンF3
ピグマグラフィック
W&N



ボクが子供の頃の話しをすると,また「昔は昔,今は今!」と小言を言われそうですが

一家の一大イベントの一つである,稲刈りを家族総出でした後,実は「稲を刈る」作業より,もっと過酷な作業工程が待っていたのでした。

今でこそ,刈り取りから乾燥,そして袋詰めまでの一連の工程は大型機械と乾燥機でおこなわれていますが,当時,刈り取られた稲の乾燥は,「はで木」と呼ばれる木柱と縄で何段にも組み立てられた「乾燥台」に掛けられて,数日間天日で自然乾燥するのが普通でした。

「はで木」の乾燥台は既に大人たちの手によって組み立てられていたので,子供の僕達が手伝える作業はたかだか知れてはいても,この「はで木」に稲を掛ける作業は,ホント辛いものでした。。

高さも5,6段あれば3,4mはあったでしょうか..わらで身体はかゆくなるし,腕はパンパン。。

それでも,稲の乾燥が終わった「はで木」は当分田んぼの中に建てたまま残してあったので,田んぼが遊び場の中心であった子供達にとって,最高の「遊具」であったりもしました。


今では殆ど見られなくなった「稲の天日干し」ではありますが,役目の終わった「はで木」の格納庫である「はで小屋」は,田んぼの脇や住居隣の「納屋(なや)」兼用として,今でもよく見られます。


この土壁造りの建物も,一画は「はで木」が積まれて収納してありました。


いつも観ている何気ない建物でも,ふっと歴史と懐かしさを憶え,当時のセピア色の記憶に色を乗せていく筆が滑らかに進んだような気がしました。。







にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

yama : 2009-09-06(Sun) 14:54 URL edit
昨日近くの棚田の稲刈りの様子を見てきました。稲刈りは日本の一大イベントですね。
この絵のような風景が大好きです。うまい!とうなっちゃいますね。描くのも速いですね。とても真似できません。
元気☆姉さん : 2009-09-06(Sun) 15:05 URL edit
ドイツから無事に帰還致しました。
遊びは積極的ですが、他は・・・。
こちらに伺うと「ほっ!」とします。
たくさん見せて下さいね。
yasuhiroro : 2009-09-06(Sun) 17:40 URL edit
こんにちは!
好天の今日もあちこちで稲刈りが行われていました。

ボクのスケッチ..速いかどうかわかりませんが
何でも好きな事に集中してるとあっという間に時間が経ちますよね。
この画は下書きに30分,彩色にやはり2,30分でしょうか。
いつものように道路の真ん中で描いていたら,今日は稲を運ぶ軽トラックの往来が激しくて,普段よりもさっさと仕上げました。
yasuhiroro : 2009-09-06(Sun) 17:46 URL edit
おかえりなさい♪
ドイツ紀行,拝見させてもらってますよ~!

いつもながら姉さんの行動力には感心します♪
ヨーロッパでも数ある国の中からドイツを選ばれたのには訳があるのでしょうが,中々渋いですね~。

>「ほっ!」とする
そう言って貰えると嬉しいです!
ありがとうございます!
これからものんびりではありますが,書き綴っていきますので,いつでも「ほっ!」っとしに来て下さいね♪
eme : 2009-09-08(Tue) 01:04 URL edit
はで木のお話をこの絵を見ながら読んでると
yasuhiroroさんと わらにまみれて遊んでいたような
そんな気になりました。

はで木も 稲刈りも納屋も 全然知らないで育ったのに不思議ですね~
yasuhiroro : 2009-09-08(Tue) 07:33 URL edit
おはようございます♪
随分夜更かしされてるんですね。。
お肌によくないですよ..寝られないのですか?
ひつじがいっぴき..
たぬきがにひき..
さるがさんびき..
いのししがよんとう..
しかがごとう..
時々くまがろくとう..汗;
ここらでふつうに?見られる動物です..余計寝られませんね。(笑)

画を観てそんな気になられたら作者冥利に尽きます。ありがとうございます。
emeさんのノスタルジックな写真もそんな気分にさせてくれて大好きです!
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/173-d2635006

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
里山のお寺を描く(その1)
old >>
晩夏の渓流を描く
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。