スポンサーサイト石見銀山と周辺の風景(その3)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-07 / 水彩画の事 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-09

大森の町を歩いていると,「○○家住居」と銘打った,見るからに由緒正しき家屋が何軒も目に入ります。
いずれも銀山が栄えていた頃の商家や有力者の住居です。


その中でも一際大きな家屋が「熊谷家(くまがいけ)住居」。

位置図
ginzanmap(72).jpg
クリックして大きくして観て下さい。
黄色に塗った所がスケッチの該当場所です。
※五百羅漢とは少し離れていますが,同じ大森町内ですので地図は使い回しします。。(汗;



この熊谷家は,安芸国高松城城主で毛利氏家臣であった熊谷氏の一族であると言われています。
17世紀には,ここ大森で鉱山経営をし,19世紀には町政全般に関わる総責任者である年寄職を代々世襲しました。
一方では鐘(たたら)経営や,酒造業を営むなど町内でも最も有力な商家として栄えたそうです。
いうなれば,今世間で脚光を浴びている”地方自治体の長”といったところでしょうか。
ん?世襲で有力な商家といったら...今の世にも似てる人がいるような。。



熊谷家住宅
kumagaikejyutaku2.jpgモンバルキャンソンF3
STR B
W&N
クサカベ グラフィックス


当時の家屋は大火によって消失していますが,以来何回かの修理修復を重ね,平成13年~平成17年に改修工事によって現在の姿になっています。

狭い大森の町にあって,土地面積1,500m2,主屋だけでも651m2の住居は目立ちますね。

建物内部も古民具や,当時の生活を伺える品々がズラリ!...なんですが

ここも撮影禁止! (しつこいですが,入場料もと~ぜん要ります。。)


この”撮影禁止”って何か意味があるのかな~。。



次回は大森町をあとにし,少し足を伸ばして海沿いに行ってみたいと思います。








にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

ぴぐにゃん : 2009-07-09(Thu) 17:46 URL edit
こんにちは~^▽^

わ~すごいっ上の角度から描かれてますね~!
熊谷家住宅大きそう~!
中もきっと素敵だったのでしょうね♪

↓羅漢寺 五百羅漢行ったことあります~!
yasuhiroroさんの絵を見て思い出しましたっ
周りも素敵な町並みですよね~
スケッチにぴったりなのんびりした所ですよね
今は石見銀山が世界遺産になったから賑わっているのかな?
また行きたくなりました!

応援☆
yasuhiroro : 2009-07-09(Thu) 19:01 URL edit
こんばんは~♪

熊谷家住宅..ちょっと大きすぎます。。(笑)
掃除も大変そうだし,虫だって大蜘蛛だって出そうですし。。(爆)
中は萩の旧家と似ていましたよ。

へぇ~行かれた事あるんですね♪
そういや,三瓶山も登られてるから,セットで訪れられたのかな?
世界遺産になった2年前は,さすがに超×人&人でしたが,今はそうでもないみたいです。
元々観光向けの施設は少ないし,見どころが抽象的?なのでリピーターは少ないみたいですね。。
でも,画を描くにはもってこいの場所だと思います♪
ぴぐにゃんさんの筆にかかったら..
五百羅漢さんの表情はど~なるでしょうか??
きっとみんな”のほほ~ん”とした笑顔になるでしょうね♪(笑)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/129-dce90aaa

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
ミニチュアモデル完成♪
old >>
石見銀山と周辺の風景(その2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。