スポンサーサイト百合の花

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-07 / 水彩画の事 > This Entry [com : 6][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-06

庭に咲く百合
yuri32.jpg
モンバルキャンソンF3
W&N アーティストカラー


なんて表現したらいいんだろう...パッションオレンジ?いや,ショッキングレッド&オレンジ??

花びらから雌蘂,雄蕊まで強烈なオレンジ系の色。

この色をどうやって絵の具で彩色してやろうか?...と意気込んで挑戦してみたものの

見事に返り討ち。。


色はボケるし,雌蘂は強調しすぎてイモトの眉毛みたいになるし。。(笑)

あえて下書きなしで挑んだ百合の花は,一枚も二枚も,うわ手でしたね。。






にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
 

Comment

ぴぐにゃん : 2009-07-06(Mon) 14:31 URL edit
こんにちは~!
静物画もお上手ですね~e-420
私は精密な植物画とか超苦手なんですよぉ^^;
ユリのオレンジの色、表現するの難しそうですっ

yasuhiroroさん、マスキングされるんですね!
私、やってみたいなーと思っていたのですが まだ使ったことなくて・・・ 
川とか波とかの表現に使いたいな~と考えていましたが、色々なことに使えるんですね
勉強になりますっ

yasuhiroroさんの所はまだ蛍が出ているんですねe-267
私の所は6月の最初ぐらいから出ていたので
もういなくなってしまいした
綺麗な蛍の写真撮れるといいですね!
私もカメラに撮りたかったけれど、ブレて無理でした~っ

応援♪
yasuhiroro : 2009-07-06(Mon) 17:36 URL edit
こんにちは~♪
静物画..普段は滅多に描かないんですが,晴れれば暑いし雨降れば出れないし..
で,部屋の中から見える範囲で描いてて横着してます。(笑)

>精密な画,超苦手なんですよぉ・・
って,ぴぐにゃんさん!萩の画,細かく描画されてて凄いですよ!
思わずウォ~リ~探しましたもん^^;

マスキング・・面倒臭いし,筆はボロボロになるのであまり使った事なかったんですが,やってみれば結構面白いです。
最近,シュミンケでしたっけ?筆も洗い液も要らない「ペンタイプ」のが出たそうなので,一度使ってみたいなぁと思っています。(値段はボトルタイプに比べて倍するそうですが..)

蛍・・一昨日の大雨で増水したのでどうでしょうかね~。。
今晩あたり覗いてみようと思います♪
eme : 2009-07-06(Mon) 18:20 URL edit
色を作るのって難しいんですね。
絵の具の色そのまましか使っていなかった(笑)私は
その苦労と楽しさがわからないかもしれません。

花をすりつぶして絵の具に混ぜるってのは?
そんな手法は・・・・ありませんよね(笑)
yasuhiroro : 2009-07-06(Mon) 18:55 URL edit
こんばんは~♪
おおっ~~!!
>花をすりつぶして・・・
素晴しいアイデア!眼から鱗!!
ひょっとしてひょっとするかもしれませんよ!
むか~し昔,ヨーロッパなどで描かれた洞窟の壁画は,植物の種子や花を擦り込んで描かれていたって聞いた事があります。
それが何千年,何万年?経った今でも鮮やかに残ってるんですものね!
試してみる価値はありそうです!

もし,いい具合なら...
発案者の名前を付けて『emeラルダス技法♪』ってネーミングします!(笑)
元気☆姉さん : 2009-07-07(Tue) 07:07 URL edit
おはようございます。
何しろ感動するのみです。
見せて頂くだけで・・・。
繊細な、根気が必要な、真似出来ませ~ん(汗

ぽち★
yasuhiroro : 2009-07-07(Tue) 09:47 URL edit
おはようございます!
感動って..そんな。。(汗;
こちらこそ見ていただくだけで...
ん?なんかヘンな表現。。(汗;×2)
ど~ぞ穴があくまで見て下さい!(笑)

決して根気が必要ってわけでもないんですよ。
実物に忠実に!って決まりもないので,テキト~に
呑気に描いてます♪
でも,画でも何でも,自分の好きな事やってる時間
ってど~してあっという間に過ぎるんでしょうね~。。

ぽち★ありがとうございます♪

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/127-12435857

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
石見銀山と周辺の風景(その1)
old >>
製作過程 (野花)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。