スポンサーサイトディスプレイ用イーゼル(改良版)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-06 / 水彩画の事 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-19

先日アップした”ディスプレイイーゼル”の記事について,「自作してみたいので,もっと詳しく・・・」とのお問い合わせがありました。
下手な文章,下手な画..写真..でも興味を持ってご覧になられている方がおられるのは,やっぱり嬉しいですね♪

早速,前回作の失敗点を改良しつつ,作製のキモ?をまじえて紹介したいと思います。
と,言ってはみるものの,材料さえ揃えばホント簡単!ですので,オリジナルのイーゼルを作ってみて下さい。



いきなりですが・・・完成です。。ほら,簡単でしょ。。(爆)
・・・怒られますね。。m( )m
izel08.jpg

前回の失敗点・・・・額縁受け部分が貧弱で割れてしまった。。
で,今回改良点・・・ダボ付受木で飾るサイズによって,位置を変えられる様にしました。

また,前回作はヒノキの無塗装でしたが,今回使用した材料は,20×40の外来材(たまたま手元にあった物)で,仕上げに失敗の少ないオイルフィニッシュ(ワトコ)を塗布しました。

材料はホームセンター等で簡単に手に入る,トガ材や集成材でも全然OKです。
木材はホームセンターなどでは,普通910mm,1,820mm・・といった長さで販売されているので,効率よく木取り(木材から所定の長さの部品材料を取る事)して,まとめて数個作った方が経済的でもあります。
ボクはたまたま20×40の材があったので,加工せずにそのままその断面サイズの木材を使いましたが,寸法は在り合せの物でいいと思います。

と~ぜん,ホゾ継ぎなどの難しい接続方法は用いていません。。全て木工ボンドとコースレッド32mmで接着しています。



後ろの脚はヒンジで畳める様になっています。
もう一回り大きいヒンジにすればよかったかも...ねじ山が潰れてしまいました。。(泣)
izel42.jpg



「簡単~♪」と言いましたが,一番手間の掛かった部分です。
ダボ8mmを付けて受け部分を移動可能としたために,こんな”受台”になりました。
ひたすらペーパーをかけて曲線美?を出そうとしましたが,絵を乗せてしまえば殆ど見えない。。
ただのダボを埋め込んだ角木でも十分でしたね。。
izel53.jpg



いちおう,参考までに図面(もどき)を載せておきます。
クリックして大きくして見て下さい。
izelzumen55.jpg

週末の日曜大工にいかがですか~♪





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/114-16c9bcd7

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
初夏の渓流の風景(その3)
old >>
初夏の渓流の風景(その2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。