スポンサーサイト石見銀山と周辺の風景(その1)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-07 / 水彩画の事 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-07

2年前の夏,(2007年7月)島根県大田市の石見銀山がユネスコの世界遺産に登録されました。

正式登録名称は石見銀山遺跡とその文化的景観

個人的には地元に近いという事もあり,何回も訪れた事もあったので,地球上の名だたる遺跡や名勝が,文字通り名を連ねる世界遺産に登録された事で,改めてその歴史的価値を見直すとともに,正直「なんでここが世界遺産?」という気持ちがあったのも事実。。

まっ,遺産の価値や歴史背景については専門サイトにお任せするにして,ここは”お気楽個人ブログ”!(笑)
スケッチのモチーフ的には有余る石見銀山遺跡とその周辺を,久しぶりに散策しました。

ゆっくり時間をかけてスケッチ出来ればよかったんですが,そんな余裕も無く,サラ~っと流すだけの場所もあり,帰ってから写真を見ては彩色..が多くなりました。




手書きの地図ですいません。。
場所は,綺麗な日本地図で確認して下さいね♪(笑)
この地図を使って,スケッチ紀行?...数回に分けてUPしたいと思います。
ginzanmap18.jpg
クリックして大きくして観て下さい。
黄色に塗った所がスケッチの該当場所です。


「世界遺産のメインはどこ??」

観光客によく聞かれます。。
はて。。いったいどこなんでしょう。。(汗;
間歩(まぶ)と呼ばれる銀山の産出坑道は1,2箇所しか公開されていませんので,その殆どは藪の中ではありますが,その石見銀山(別名:大森銀山おおもりぎんざん)を有する大森町の街並みです。



大森の街並み
oomori.jpg
モンバルキャンソンF3
STR HB~2B
W&N アーティストカラー
クサカベ グラフィックス


銀産出の最盛期には,端から端まで歩いても知れている,この小さな山間の街に十数万人が住んでおり,遠く離れていても幕府の直轄藩地だったというから,どれほど「銀」が力を持っていたかが窺い知れます。



次回はこの街の中をピックアップします。





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

eme : 2009-07-07(Tue) 15:16 URL edit
手描きの地図がむしろすごーーい。
yasuhiroroさんは伊能忠敬?!!!
へぇ~行ってみたいなと思いましたが、よーく見ると
交通機関がほぼ  ない。(笑)
銀はもう産出されないんでしょうか?
少しくらいはまだ採れませんかね。
欠片くらいはあると思うんですよ。
この大森集落にはきっと地下室に眠っていると・・
どれだけ欲にまみれてるんだぁ~自分!(笑)

他のHPで大森町の街並みを見てみましたが
とても風情のある武家屋敷や町家が沢山あるんですね。
シリーズ作楽しみにしてます。


yasuhiroro : 2009-07-07(Tue) 17:51 URL edit
あはは!emeさん!
暑さを吹っ飛ばすほど笑いましたよ!
emeさんって,まるで関西のお○ちゃんみた・・・
へっ??ハテ?

う~ん。。銀はまだ少しはあると思いますが,聞くところによりますと,銀を掘るのには銀の値段の何倍ものお金が掛かるそうですよ。
それでもよければお金は出せませんが一緒に掘りましょう♪(笑)

交通機関・・・確かにないですね。。(泣)
昔の銀商人は日本海から「北前船」で来たっていうから,海路はどうでしょうか??
最寄の港で待ってます♪(笑)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/110-c323aac5

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
石見銀山と周辺の風景(その2)
old >>
百合の花
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。