スポンサーサイト橋のある風景

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-06 / 水彩画の事 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-15


初夏なのに冬の景色の画をアップしたり,まったく季節感のないブログになっていますが,今年の冬,療養中の2月~4月に描きためた水彩画を,今になってアップしていますので,どうかご勘弁を願います。。

で,今回もまた寒い時期の風景画です。


yoshitoki4.jpg
コットマンF2
ステッドラーB
ペリカン透明水彩(固形)


例によって,寒さに我慢ならず,大体の感じをスケッチして持ち帰り,後で別の用紙に描きあげました。



江の川水系 出羽川 橋のある風景
yoshitoki9.jpg
コットマンF3
ステッドラーB
ペリカン透明水彩(固形)


正面の山は針葉樹林で,未だ枯れ葉を携えた晩冬のイメージがわかないので,強引に?手前に”ネコヤナギ”をアップで配置したら,余計季節感がばらばらになった感もあります...(泣)

これを描いた2週間後には護岸のソメイヨシノが満開になりました。

この川・・・「中国太郎」と異名をとるほど,昔から洪水氾濫を繰り返す,中国地方いちばんの暴れん坊河川「江の川(ごうのかわ)」の支流で「出羽川(いずわがわ)」といいます。

最近では洪水対策の名目でほとんどが河川改修され,画のような自然護岸の箇所は少なくなっています。

先日は,釣り師お待ちかねの”解禁”をして,例年9月いっぱいくらいまでは鮎釣りで賑わうのですが,果たして今年の釣況はいかがでしょうか。。

解禁三日目に川に入った釣友は,「7cm~12cm。。昨日放流されたみたいなんばっかりじゃ。。」

と嘆いていました。。

災害になるほどの雨は勘弁ですが,川底の石が洗われて,新苔が着くくらいの雨は必要みたいです。。





にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://yasuhiroro.blog105.fc2.com/tb.php/105-fbe85849

釣れ採れ | Page Top▲

New >>
サドル交換 実乗ポタ
old >>
野焼きの風景
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。