釣れ採れ

Home >2011年09月

2011-09

スポンサーサイト
...
----- | スポンサー広告
好天のシルバーウィーク
去年?から始まった、この時期の「秋の連休」を「シルバーウィーク」と呼ぶ事をすっかり忘れていた。今年は3連休が2回。その後半の週末は、とてもいい天気に恵まれた。かといって何処かに出掛けるわけでもなく、いつもの週末と何ら変わらず。1枚、画を描いた。面影のない河原F6自転車で数分で来れる場所も、久しぶりに来てみるとずいぶん変わっていた。鮎の宝庫だった川瀬や、大物の潜んでいた淵は、跡形もなく整備され、ホタル......
09-25 | 水彩画の事 | Comment : 5  | Trackback : 0 
アップダウンの道を描く (完成)
アップダウンの道F6実にのどか。直線道路の終点付近で車を止めて下書きをしたのだが、その間通過した車は...ゼロ。これなら遠慮して路肩でスケッチしなくても、道路のど真ん中からの構図でもよかったかも。。(笑)にほんブログ村......
09-23 | 水彩画の事 | Comment : 0  | Trackback : 0 
アップダウンの道を描く
台風15号が上陸し、また各地で被害の爪痕を残しました。被害に合われた地域の皆様、お見舞い申し上げます。幸いこちらは大した影響もなく、しいていえば、涼しくなっても放ったらかしにしていたわが家のヨシズと遮光シートが吹っ飛んだくらいでした。。さて、スケッチをもう一枚。よく車で通っていて見ていた景色ですが、先日ウォーキングしながらゆっくり眺めて、改めて「いい景色!」と思った場所です。水彩画ブログやHPで、時......
09-22 | 水彩画の事 | Comment : 1  | Trackback : 0 
初秋の棚田 (完成)
初秋の棚田F6黄金色の棚田を色付けしていて、ずいぶん昔...図書館で見た「ぐりとぐら」の絵本を思い出した。今でも、もちろんあると思うが、今から40年前にもその絵本は小学校の図書室にあったのだ。ま新しい、その絵本を開いて出てきた大きな“カステラ”の黄色は、とてもセンセーショナルだった。その眩しいほどの黄色と、実った稲穂の黄金色が、想い出の中でラップした。ぐりとぐら...40年経ったけど、元気だろうか。。......
09-20 | 水彩画の事 | Comment : 0  | Trackback : 0 
初秋の棚田
少し秋らしくなり、久しぶりのスケッチ。盛期を迎えた“稲刈り”だったのですが、台風と秋雨前線のおかげで小休止といったところでしょうか。もうすぐ真っ赤になる山に色を入れて、こちらも小休止です。にほんブログ村......
09-19 | 水彩画の事 | Comment : 0  | Trackback : 0 
初めて削る木材樹種
このまま秋にまっしぐら~!と思っていたら、日中は真夏のような暑さです。炎天下での稲刈り作業は過酷です。。これから刈取り作業をされる方々..どうか、熱中症にならないように十分注意して下さい。わが家の稲刈り?・・・はい。無事終わりました!ボクはあまり出番がありませんでしたが、新米はちゃっかり美味しくいただいております。いつもこの時期になると、「もうそろそろ...」と思う事があります。“秋のアオリイカ!”......
09-14 | 木工もどき | Comment : 4  | Trackback : 0 
秋色刈取日和
大型の台風が横断して、2,3日秋晴れの天気が続いています。もうエアコンもいらないし、仕事中の事務所も窓全開で、気持ちのいい風が入ってきます。そしてこの晴れ間を利用して、近所界隈“秋色絨毯”の刈取りが活気を帯びてきました。西側の窓からも、東側の窓からも、ステレオのごとくコンバインの音が聞こえてきます。まったく耳障りではなく、かえって心地よい?おんがくです。。(笑)西側の窓から...木で見えにくいですが、......
09-08 | 日常 | Comment : 0  | Trackback : 0 
台風12号
台風12号...各地に爪痕を残して未明に日本海に抜けた。被害に遭われた地域の方々、お見舞い申し上げます。今回の風雨にもなんとか持ちこたえたわが家の“緑のカーテン”。その成長もとうとう止まり、陽射しをさえぎるにはほど遠い状態で実を付けだした。ゴーヤの実から種を採り保管する。来年は、もっと早くセッティングしよう。。......
09-04 | 自然 | Comment : 0  | Trackback : 0 
台座
夜な夜な“フィッシュカービング”をしていたので、部屋の中で泳いでいる?魚たちも結構な数となった。色付けが終わったら、手頃な発泡スチロールの板に差し込んで乾燥しているのだが、いつまでもこのままだと魚たちも落ち着かないだろう...例によって、捨てるに捨てられない、かと言って何かに加工利用するわけでもない、切れっ端材を削ってみる。カタチや寸法など、まるでアバウト。あくまでも「脇役」なので、仕上げも適当にオ......
09-02 | 木工もどき | Comment : 0  | Trackback : 0 

釣れ採れ | Page Top▲

Monthly Archives
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。